寒いスキー場でもあったか安心グッズ!

スキーウェアの下にも防寒対策を

スキー場の山麓はそこまで気温が低くないということがほとんどですが、山頂付近に行けば山麓よりもかなり気温が低いということが多く、それなりの防寒対策が必要となります。
スキーウェアの下に長袖一枚というような軽装では少し寒く感じることもありますから、防寒対策としてしっかりと下にも着込んでいくようにしましょう。スキーの防寒で一番最適なのはタートルネックのロングシャツです。これがあれば首元まで防寒できるので、気温の低い山頂付近まで行っても安心です。またズボンの下にタイツなどを穿いていけばより一層防寒効果を高めることができます。凍えて体調を崩さないためにも防寒対策はきちんと行いましょう。そうすることで楽しく滑れます。

使い捨てカイロも効果的

スキーの防寒効果を高めるためには着こむことが大事ですが、それだけでは物足りない場合には、使い捨てカイロを携行していくのも良いでしょう。
使い捨てカイロは貼り付けられるタイプのものもあるので、携行して寒くなった時に冷えを感じた箇所に貼り付けることで体を温めることができます。保温効果はかなり長時間持続するので、滑り始めから滑り終わりまで体を温めてくれます。また冷えるときは足先や指先から冷えるということもよくありますから、スキー手袋の下に薄手の手袋を着用したり、スキー専用の靴下を履いて防寒効果を高めておきましょう。たかがスキー場と油断をしない万全の準備を整えておくことで、寒さに邪魔されることなくウインタースポーツを満喫できます。

© Copyright Exciting New Skis. All Rights Reserved.